1953店長の趣味や興味があることのお話し
by sgarrs0522
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリ
全体
スポーツ
食べたり飲んだり
仕事
ワイン
映画
写真と絵画
人生
日々の出来事
未分類
最新の記事
2018 安芸太田 しわいマ..
at 2018-09-18 16:41
「しわい」マラソンに向けて ..
at 2018-09-05 12:54
2018年 俺チャレ 後編
at 2018-08-23 12:20
2018年 俺チャレ
at 2018-08-15 14:41
第22回 門司港レトロ スイ..
at 2018-07-18 12:32
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
益田さんが走らない、、、..
by ono at 14:29
ぐるっとですか、、、頭の..
by ono at 14:27
みんな益田さんは走らない..
by sgarrs0522 at 10:00
今年はどうされるのかと心..
by MASUDA at 01:59
真面目さは似てないんだけ..
by sgarrs0522 at 09:56
一緒に写ってるのはレプリ..
by sgarrs0522 at 09:53
北九州ミステリーツアー、..
by sgarrs0522 at 09:49
アップしたよ~!(^^)..
by sgarrs0522 at 09:56
コメントに今日(10月1..
by sgarrs0522 at 12:55
おかしい、、、
by つるぎ at 21:50
最新のトラックバック
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ワイン( 6 )

1953年の白ワイン

3年前のお店の改装の時に、

お客様から頂いた 

お店の名前と同じ1953年物のワイン。

大切に保管していたけどセラーが壊れ、

ビンテージワイン保管するのにはちょっとと思いながら、

他のワインを飲む間仕方なしに冷蔵庫へ

そんないきさつで、

63年前のワインが飲める状態にあるのかどうか?

かなり心配

エチケットは所々にカビあり

抜栓してみるとコルクは古くない。
f0220089_12495679.jpg


ボトリングしたのがそんなに昔じゃないのかな?



で、こんな感じです。
f0220089_12502978.jpg


白のはずが、何とも言えないルビー

飲んでみると

貴腐ワインのような甘さ・・・のような、

チンザノベルモットのロッソに近い様な・・・

なにか薬酒みたいな感じ



物凄く美味しいという訳じゃないけど、

デザートワインとしては悪くなかったです。^^
[PR]
by sgarrs0522 | 2016-07-25 12:41 | ワイン | Trackback | Comments(0)

美味しいワイン1000円から3000円未満編

いつも、走る事ばっかり書いてるので、

たまにはワインについて。


先日、研究会の新年会で

ワイン好きな会員さんが、

「安くて美味しいワインってのを探すのは結構難しい。」

と、言ってました。

確かに安いワインはたくさんありますが、その中で『当たり!』ってのは少ないですね。



そこで、今まで飲んだ中で、

僕が勝手に、安くて美味しい『当たり』ワインと思ってるものを紹介しましょう。


まずは、イチ押し!

カルフォル二アのカレラ
f0220089_2050275.jpg


カレラはミルズ、セレック、ジャンセンなど、1万円以上の物もありますが

写真のピノ・ノアール セントラルコーストがネットで、2300円ほど

この値段でのピノ・ノアールでは最高だと思います。


それから、カレラと同じくらいのお勧め

オーストラリア トルブレック・ウッドカッターズ。

これも値段は、2300円前後

トルブレックも、ラン・リグ、レ・ザミ、などいろんな種類があり、大体3万円前後します。

それから考えると格安で激旨。

オーストラリアのシラーは当たりが多いので大好き。


同じ価格帯で、

イタリアのモンテプルチアーノ・ダブルッツォカサーレ・ヴェッキオ(2005)ファルネーゼ 

ネットで1800円くらい。 イオンのカルディコーヒーにも置いてあり2000円ちょっと。


安いといえば、チリワイン。

コノスルやモンテスでいいものがたくさんありますが、

お隣のアルゼンチン クロス・デ・ロス・シエテ[2002]がお勧め
f0220089_1539847.jpg

『安い』と言えるか微妙な値段で、2800円前後。 


ボルドーから1500円前後で、

シリウス・ボルドー・ルージュ 2005

シャトー・オー・グリニョン 2008
f0220089_20312715.jpg


南仏から、バロン・フィリップ・ド・ロートシルト・カラバス・ルージュ 2007 約2000円で、

これもなかなか良かったです。



最近、お友達家族との食事会で飲んだイタリアワイン2本ととボルドー1本

1500円前後くらい。

f0220089_17334183.jpg


左のキャンティーは、キャンティーらしからぬ、しっかりとしたボディー。

真ん中のが個性的で良かったです。

イタリアは特にぶどうの品種が死ぬほどあるので、

掘り出し物を見つける楽しみがありますね。


いつも飲む前に写真を撮ってる訳ではないので、

写真の無いものが残念。

まだまだありますが、とりあえずこれくらいにしときましょう。


ぜひ、お試しあれ!(^^)/
[PR]
by sgarrs0522 | 2012-01-24 17:38 | ワイン | Trackback | Comments(0)

そうそう、カルメネールの話をしなきゃ。

昨年12月の初めにカルメネールの話を書きましたが、

その後カルメネール種のワイン3本と、

世界ソムリエコンテストの問題として登場したワインをゲットしました。

カメルネールは、ごく一般的な、

一本1000円ちょっと~1800円くらいのものを。

f0220089_10465791.jpg


そして、コンテストに登場したものが、

か有名な醸造家、ミシェル・ロランが、フランス人醸造家仲間6人とともに

アルゼンチンにて造りだしもので、

某ネットのワイン屋さんのコメントには、「このワイン以上にバリューの高い赤ワインはアルゼン

チンには存在しないだろう!」と、ロバート・パーカーが言ったとか言わないとか・・・(^^;)


クロス・デ・ロス・シエテ 2007

f0220089_10471512.jpg



カメルネール3本はあっという間に飲んでしまいました。

独特な香りと深い色合い、ぶどうの味が濃い感じ。

ネット中の説明を引用すると、

「マイルドなタンニン、そして熟したベリー類の風味がする骨格のしっかりとしたワイン。

カルメネールはメルローに比べてより強い一面を持つと同時に、

カベルネソーヴィニオンよりもやわらかで繊細なボディを持っている。」と言う事です。

昔、メルローと混同されていたそうですが、

僕は、初めて飲んだ印象が、オーストラリアのシラーに似てる気がしました。

今度飲み比べてみたいと思います。


酸味が強くなく、濃いワインがお好きな方は、どうぞお試し下さい。
[PR]
by sgarrs0522 | 2011-01-12 10:07 | ワイン

ブラインドテイスティング

以前から家族ぐるみでお付き合いをしている方と、

時々食べ物とワインを適当に持ち寄り一緒に食事をします。

ネットで、同じブランドの6本セットを見つけたので、

それを開けて、ブラインドテイスティングのマネゴトをしようという事になりました。

ぶどうの品種でどれだけ味わいが違うのか?

そしてその違いが、はたして分かるのか?

一度やってみたかった。(^^)



今回使ったワインは、「モンテス・アルファ」 チリのワインです。

f0220089_1213310.jpg


さすがに4人では、6本全部あけても飲みきれないので、

カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー、そしてピノ・ノアールの

4本でテストを。



僕は、あまり酸やタンニンが強過ぎないシラー種が好き。

それと対極にあるのは、ピノ・ノアール。

だから、この二つの違いは分かる自信が。

カベルネとメルローはブレンドしてるものが多いので、

この二つは似てそうで難しそう。



いざ自分の番になって四つのグラスを前にすると、

普段一番えらそうな事を言ってるので、変な緊張が。(汗)

いつもの様に何を飲んでいるのか分かって飲むのとは、

全然違いますね。

なかなか貴重な体験だったです。



結果、ピノは全員正解。

これは他の3本とは色が違い過ぎ分かりやすかったので。

残りの3本はなかなか難しかったです。

カベルネとメルローの違いは微妙な色と香り。

後は、酸味の残り具合で判断を。

タンニンがどうのこうのはよく分かりません。

シラーは自分が一番好きな味を。



やってみて、鼻が利かない事がよく分かりました。

いつもガブガブ飲んでばかり。

こういうのって普段から色んな物の香り、匂いを意識して覚えるべきなんでしょうね。

これからもっと、香りや匂いを意識しようと ちょっと 思ってます。(笑)


あと、一応食事会ですからついつい飲んでしまって、

当たり前ですが、『酔ったら駄目』って事もよく分かりました。^^;




そのうち、

昔、芸能人格付けテストでやってたどっちが高級ワインか当てるのをしてみたい。

ただ、問題がひとつ。

何万円もするワインを誰が買うのか?

です。(笑)
[PR]
by sgarrs0522 | 2010-12-01 12:22 | ワイン

古酒を楽しもう!

先日、1986年のボルドーを開けてみました。

古い割に安かったのでちゃんと飲めるのか心配。

f0220089_1618488.jpg

朝から立てておき、

ある程度落ち着いたところで抜栓。

「コルクはもろくなってるので抜栓の時に注意!」

と但し書きがあったので、

かなり気をつけて抜いたつもりが、




f0220089_16182544.jpg





見事に下から1cm位の所で折れてしまい、

コルクのかけらがひとつ、プカプカ浮いてました。‐‐;

今回は夕方飲む前にデキャンティング。

写真では分かりずらいですが、

少し枯れてきたようなレンガ色。

香りのたち方もまずまずでいい感じ。

どんな香りかは上手く表現できませんが。(笑)



f0220089_16184226.jpg

古酒は神経質で、色々気を使います。

それが面白い。

抜栓して何時間くらい置くのか?

デキャンティングは

した方がいいのかしない方がいいのか?

以前、1965年の物を開けた時、

美味しかったものと、まずかったものがありました。

同じものがあれだけ違った訳が分からず、

その時は、「古けりゃいいってもんじゃないな。」くらいにしか思ってませんでした。



それから僕なりに多少学習しまして、

グラスを変えてみたり、

澱の沈め方や抜栓してからの時間の置き方など色々試してみるようになり、

なんとなくですが、ワインの楽しみ方の幅が広がった気がします。




で、今回のワインはいつもとは違った複雑な感じで、

よくワインの本なんかに書いてある、

色んな味わいがした様な、しない様な・・・ (笑)


また古いものを探してみる気になりました。
[PR]
by sgarrs0522 | 2010-11-09 16:18 | ワイン

シャンパーニュってほんとに美味しいの?

泡もの、結構好きです。

暑かった今年の夏、ビールとワインをひかえて泡物をよく飲みました。

その中でシャンパンも何本か開けたのですが、

なぜか、印象がよろしくありません。

美味しくない。

シャンパンは決して安くはないので、

f0220089_15252366.jpg
   それなりに、気合が入るでしょう?

   特に相性がよさそうな物を用意したりして。(笑)

   なのに、そんなに感動しない。

   よっぽど、1~2千円ちょっとのカヴァかスプマンテ等、

   
シャンパーニュ以外のスパークリングの方が

美味しく感じることが多いのは僕だけ?


もちろん、シャンパーニュはものすごい種類がありますし、

例えばマムや、ドンペリ、クリュッグ等、有名なシャンパーニュで

まだ飲んだ事がない物ももちろんたくさんあります。

所詮、庶民の舌だし、

ただ単に味を知らない、分かってないだけなのでしょう。



しかしながら、

そこそこ値段のするシャンパンを飲んだ時に、

もう少し美味しく感じられてもいいのではないかと、

ちょっと愚痴をこぼしたくもなります。



写真は『ジャン・ノエル・アトン』。

『ヴーヴ・クリコ』よりは、いいような気もしますが・・・ (--)
[PR]
by sgarrs0522 | 2010-10-19 13:18 | ワイン